意外と知らない野菜不足から来る病気

意外と知らない野菜不足から来る病気

安心して食べられる野菜


食文化が多様化し手軽に食べられるものが増え、その上野菜の価格の高騰を受け、外食では価格の安い炭水化物や肉ばかりでほとんど野菜が食べられない時代です。健康維持、促進のためにも食物繊維やビタミン、ミネラルは積極的に摂取したいのですが、野菜不足な食生活が今の現代人なのです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

本当に気を使う人たちは生野菜を積極的に食べたり、野菜や果物をジューサーにかけジュースにして飲んでいます。お金も手間を惜しまず使っているのです。ただ、さすがにそこまで出来ないということであれば、サラダのお惣菜を買って食べるのでも良いでしょう。カット野菜は栄養がないと言っている人たちもいますが、すべての栄養が漏れ出てしまうわけではありませんから、食べないよりはずっと良いのです。まずは今できることから始めてみましょう。

でも、どのくらいの野菜を食べれば良いのでしょうか?

これについては厚生労働省から推奨基準が出ていて、1日に350gの野菜を摂ることを勧めています。ただ、普段から気を使ってサラダや煮物を食べている人でも意外と量が取れていないのが野菜なのです。それくらい350gの野菜というのは量が多いんですね。そこで利用したいのが栄養補助食品やサプリメントなどです。

このサイトでは、野菜不足が原因で起こる病気とその症状、そして野菜不足を解消するための工夫やおすすめのサプリメントなどをご紹介していますので、参考になさってみて下さい。

たったスプーン1杯のひと手間で

 
毎日食べるごはんにパラっとスプーン1杯をふりかけるだけで、ほうれん草 約130株分のビタミンEが、グリーンピース 1024g分のビタミンB1、レタス 約1個分の食物繊維に加え、めざし約78匹分のビタミンB6が摂れる「ひとてまい」。番組放送後、大反響。

子供でも飲めるえがおの青汁

 

野菜不足の解消の定番と言えば、青汁。でも青汁は苦いからと諦めている人もいるのでは?確かに某テレビCMで有名になった青汁は本当に苦いですが、えがおの青汁は、抹茶風味で飲みやすいです。

『96.5%の方が美味しい』と回答!えがおの青汁